2011/11/20  

綾部家住宅【あやべけじゅうたく】

 

綾部家住宅【あやべけじゅうたく】

綾部家住宅
・朝来市生野町口銀谷

国登録有形文化財(建造物)

 


●黒い漆喰で覆われた趣のある木造平屋建て住宅

綾部家住宅は、加藤静太郎の育った加藤家の住宅として知られています。加藤静太郎は、ドゥー・セヴォズという鉱山技師ときよという娘の間に生まれ、ルイ・セヴォズと名付けられました。このことからドゥー・セヴォズは鉱山技師として解雇処分になり帰国させられ、ルイ・セヴォズは鉱山幹部の加藤正矩に、長男・静太郎として引き取られました。
綾部家住宅は、「銀の馬車道」と呼ばれる当時の高速道路と言える馬車専用道路の整備前後に建築されたと言われています。綾部家住宅の外観は、切妻造りの平入のツシ二階建ての建造物で、下屋根をつけ桟瓦葺造りになっています。綾部家住宅の内部は北に土間が、南に部屋が四室あります。二階部分が低く壁の上塗りに黒い漆喰が使われており、それらの外観は非常に趣のあるものになっています。

2011/06/28  

松本家住宅母屋【まつもとけじゅうたくおもや】

 

松本家住宅母屋【まつもとけじゅうたくおもや】

松本家住宅母屋
・朝来市生野町口銀谷
国登録有形文化財(建造物)


旧松本醤油店の軒蛇腹

●町屋の変遷を物語る店舗兼用住宅
2階の塗籠めた壁から重厚な印象を受ける松本家住宅母屋は、明治初期に建てられ店舗兼用住宅として利用されていました。大正期には増築したので、時代に伴う生野の町屋変遷も楽しめます。元々醤油の製造販売を営んできたこの商家は、平成16年(2004)国の有形文化財に登録されました。

2011/06/28  

森田家住宅【もりたけじゅうたく】

 

森田家住宅【もりたけじゅうたく】
森田家住宅
森田家住宅

森田家住宅
・香美町香住区隼人
・国登録有形文化財

●大規模養蚕伝える香美町初の登録有形文化財
2006年8月、香美町で初めて国の登録有形文化財に選ばれた「森田家住宅」。但馬では、これが10カ所目の登録有形文化財です。
登録有形文化財とは、築後50年以上の建造物で、デザインや建設技術が優れたものが対象となります。明治初期に建設された森田家住宅は、大規模な養蚕農家の形式を残しており、庄屋屋敷としても貴重なものだといわれています。明治3年(1870)に建設された入母屋造(いりもやづくり)の屋根を持つ母屋や、明治初期に建設された白の漆喰塗りが特徴の土塀、付属室と中門・塀も景観が評価され、同宅敷地内の計4点が文化財登録されています。
終戦前後までは、地元で栽培された桑の葉を使って、大規模な養蚕を行っていたようです。

※同住宅は原則として非公開

2011/06/28  

平尾家住宅【ひらおけじゅうたく】

 

平尾家住宅【ひらおけじゅうたく】
平尾家住宅

平尾家住宅

平尾家住宅
・豊岡市森尾
・国登録有形文化財


●大小約20もの建物が点在する大規模庄屋屋敷

平尾家は江戸時代に大庄屋を務めた但馬屈指の大地主で、約4,000平方メートルの敷地内には大小約20もの建物が点在しています。2008年、豊岡市では3番目に国の登録有形文化財として登録されました。
主屋は1896年の建築で、豊岡の宮大工によるものだと伝えられています。屋根は石州の赤瓦を使って豪壮な造りで、和風建築ながらいち早く洋風技術を導入している部分もみられます。1790年建築の新蔵、1826年(明治期改修)建築の離れ座敷など、江戸時代の建物も残っていて、主屋の周囲には隠居部屋、蔵、小屋などが建ち並んでいます。登録件数は43件にのぼり、1カ所で登録される件数としては、県内でも有数です。
豊岡市森尾地区のほぼ中央に立地し、敷地内を森尾川が流れ、屋根の付いた立派な川いとが設けられています。かつてはこの場所で洗い物や洗濯などが行われていました。

※同住宅は原則として非公開

2011/06/22  

日下旅館【くさかりょかん】

 

日下旅館【くさかりょかん】

日下旅館
・朝来市生野町口銀谷
・日下旅館
国登録有形文化財(建造物)


日下旅館の「日」の字を
書き入れた鬼瓦


●当時は珍しかった3階建ての旅館

平成16年(2004年)に国登録有形文化財に登録された日下旅館は、JR生野駅前に建つ旅館建築です。1910年に当時にして1500円を投じた木造2階建として建築され、次に裏の座敷が造られ、1921年に3階が増築されました。3階が完成した当時、南は姫路から北は城崎にかけて3階建の建物は2軒しかなく、多くの賓客を招いて大祝宴を開いたそうです。2階・3階には数寄屋風の座敷を配置し、鉱山町ならではのカラミ石を使った地下室も設けられていました。そのころは暖房も鍋料理などの燃料も全て炭火だったため、外壁や部屋の壁などのいたる所に、さまざまな意匠の空気孔が開けられています。

丸に日と文字が入れられた鬼瓦に、家人の思い入れが読みとれます。

2011/06/22  

今井家住宅【いまいけじゅうたく】

 

今井家住宅【いまいけじゅうたく】

今井家住宅
・朝来市生野町口銀谷
・主屋
国登録有形文化財(建造物)
・西塀
国登録有形文化財(建造物)


今井家住宅玄関まわり


●かつての生野の大山師別邸と伝わる

江戸末期に建築された一部2階建の古民家で、平成17年(2005年)に主屋と西塀が国の登録有形文化財となりました。大山師と呼ばれる、山師(江戸時代に代官所から採掘権を与えられた鉱山経営者)のうち特に規模の大きかった大山師『丹波屋』の別邸だったとも伝わっています。
主屋は西面して建ち、街路側の南を入母屋造、北を切妻造とする南北棟の一部2階建ての外観で、西面に下屋を設けています。屋根は桟瓦葺、外壁は漆喰塗ですが、南面は押縁下見板張としています。部屋割りは南を土間とし、北に田の字型で4室を構えています。主屋が、L字型に前庭を囲んだ西塀とともに通りに面した角地の景観を見事に整えています。
町内に残る江戸期の地役人の家屋にも似ていますがそれほど格式的ではなく、町屋の趣とも異なった、独特な雅な風情と粋な品格を備える建築物です。

2011/06/22  

旧海崎医院【きゅうかいざきいいん】

 

旧海崎医院【きゅうかいざきいいん】

旧海崎医院
・朝来市生野町口銀谷
国登録有形文化財(建造物)


格天井が特徴的な内部


●和と洋の景観が織り成す魅力ある建築物

旧海崎医院は、1887(明治20)年頃に建設され、待合室、診察室、休息室からなる床面積47平方メートルの医院棟です。 待合室は板敷きに漆喰塗、格間約30cmの格天井で仕上げられており、30cm四方の各格間には菊、ボタンやアサガオなど の花や小鳥、太陽、月をモチーフにした日本画が描かれています。また待合室の屋根の瓦は、その色合いから、「赤瓦」 ともいわれる生野瓦が使われており、独特の味わいを醸しだしています。そして、通りに面した部分の外観は、羽目板張 に鎧戸付きの両開き窓や軒蛇腹をまわした寄棟瓦葺きの洋風の造りになっているのに対し、奥には縁側があり、屋根も切 妻屋根と純和風の造りになっています。
大きな建造物ではないですが、この和洋の景観が織り成す魅力や格天井の絵など 質の高い細部が高く評価され、平成14年(2002年)国登録有形文化財になりました。

2011/06/22  

桑田家住宅【くわたけじゅうたく】

 

桑田家住宅【くわたけじゅうたく】

桑田家住宅
・朝来市生野町口銀谷
・桑田家住宅主屋
・桑田家住宅門及び塀
・桑田家住宅土蔵

国登録有形文化財(建造物)

桑田家住宅の玄関


●生野では珍しい「幕板」を持つ地役人住宅

国の登録有形文化財・桑田家住宅は江戸時代後期(1751-1829ごろ)に建てられた、地役人邸宅の様式をもつ伝統的な木造平屋建ての建物です。
玄関の前に広場が設けられ、通りに面した駒寄の前庭と小路沿いの立塀、玄関の大戸とくぐり戸、障子の玄関引き戸などが特徴的。生野では大変珍しい「幕板(雨よけや意匠のために、屋根の下にスカート状に取り付けられた板)」を備えています。
脇門を持つ漆喰の土塀に囲まれ周囲に下屋庇を配したこの住宅は、鯉の店通りにひときわ落ち着いた雰囲気を漂わせています。

2011/06/22  

佐藤家住宅別邸【さとうけじゅうたくべってい】

 

佐藤家住宅別邸【さとうけじゅうたくべってい】

佐藤家住宅別邸
・朝来市生野町口銀谷
国登録有形文化財(建造物)


佐藤家住宅別邸の
大阪出格子


●耐火構造をもつ重厚な土蔵造りの家

佐藤家住宅別邸は、佐藤医院の東側にある江戸時代後期の建築物です。生野は江戸時代から多くの火災が発生していた地域であったことから、路地に共同の井戸を設置するなどの防火対策が講じられていたが、佐藤家住宅別邸は、重厚な土蔵造りで軒裏に塗り込みが施されており、住宅建築としては珍しく耐火構造になっています。
その外観は、屋根にある越屋根をはじめ漆喰で塗られた玄関などの主なデザイン要素は建物の右側にまとめられて配置されています。また、一階の壁は腰の高さまでの焼き杉板張りになっており、軒下と道の間は名栗棒で作られた大阪出格子が設けられています。飾り石を玄関に配置するなど、播州地方や生野では珍しいデザインが採用されており、佐藤家住宅は建築構造、外観ともに珍しく特徴的な建物になっています。また内観にも、凝ったデザインの装飾が施されており、格式の高い客間になっています。

2011/06/22  

宿南家住宅主屋【しゅくなみけじゅうたくおもや】

 

宿南家住宅主屋【しゅくなみけじゅうたくおもや】
森田家住宅
宿南家住宅主屋

・養父市八鹿町宿南
・県重要文化財

●養蚕農家の初期の形態を残す庄屋屋敷
1803年に建築された宿南家住宅主屋は木造2階建ての入母屋造で、現在も覆いのない茅葺き屋根が残る貴重な建物です。屋根裏を蚕室とした中3階建て(3層)構造になっていて、この地域独特の養蚕農家としての形式をとどめています。
但馬地域の中でも最も養蚕が盛んに行われていた養父市には、確認されているだけで824軒の養蚕農家が報告されていますが、宿南家住宅はその中でも最古のものとされています。養蚕農家の初期の形態を残す極めて稀少な建物として評価され、2008年に県の重要文化財に指定されました。
同地区には、「但馬聖人」と呼ばれ、明治・大正期を担う人材を多数育てた儒学者・池田草庵の私塾である「青谿書院」も立地しています。

※同住宅は原則として非公開